出雲大社相模分祠

~神前結婚式の流れ~

神様に夫婦となったことを報告する挙式

*参進*
雅楽の調べのなか、神職・巫女の先導により拝殿へと向かう。この参進が結婚式の始まりです。一歩ずつ清らかな心持ちで進みましょう。

*修祓(しゅばつ)*
神前では清浄である事が大事。式を進める前に新郎新婦・参列者一同を祓い清めます。

*祝詞奏上(のりとそうじょう)*
祝詞とは神様にお伝えする言葉。
神様に「ふたりの結婚のご報告」をいたします。

*誓いの言葉*
新郎新婦が神前に立ち、自らの言葉で結婚の誓いをたてます。

*新郎新婦玉串拝礼*
新郎新婦が神前に玉串をお供えします。感謝の気持ちを込めて奉納しましょう。

*指輪交換*
結婚指輪(=永遠を意味する途切れることのない輪)を交換することで誓いをかたちにし、結婚の証にします。愛や絆が深まる儀式です。

*三献の儀*
神様の力が宿った御神酒を三つの盃で新郎新婦が交互に飲み干す。

*巫女舞*
出雲大社に古くから伝わるこの舞は太鼓と龍笛の音に合わせ、巫女が鈴を振り鳴らしながら舞うものです。
*鈴祓いの儀・・・舞い終えると新郎新婦と参列者に向けて鈴を振り、神様からの力を分けていただきます。

*親族固めの盃*
新郎新婦の結婚にともない親族となった両家を結ぶ固めの盃を交わします。

*フラワーシャワー*
本殿から出てくる新郎新婦をフラワーシャワーで祝福します。フラワーシャワーには、お二人の幸せを守るおまじないの意味が込められています。