~神前結婚式の流れ~

神の前で結婚を誓う日本の伝統的な挙式


結婚は、数ある人生儀礼の中でも最も晴れやかな人生の節目といえるでしょう。神さまのおはからい(御神縁)によって結ばれた二人が神さまの前で、人生の苦楽を共にして明るく楽しい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることを誓い合います。

挙式 式次第

*参進*

雅楽の調べのなか、神職・巫女の先導により拝殿へと向かう。この参進が結婚式の始まりです。一歩ずつ清らかな心持ちで進みましょう。

*修祓(しゅばつ)*
神前では清浄である事が大事。式を進める前に新郎新婦・参列者一同を祓い清めます。

*祝詞奏上(のりとそうじょう)*
祝詞とは神様にお伝えする言葉。
神様に「ふたりの結婚のご報告」をいたします。

*誓いの言葉*

新郎新婦が神前に立ち、自らの言葉で結婚の誓いをたてます。

*新郎新婦玉串拝礼*
新郎新婦が神前に玉串をお供えします。感謝の気持ちを込めて奉納しましょう。

*指輪交換*
結婚指輪(=永遠を意味する途切れることのない輪)を交換することで誓いをかたちにし、結婚の証にします。愛や絆が深まる儀式です。

*三献の儀*

神様の力が宿った御神酒を三つの盃で新郎新婦が3度飲み交わして結婚を誓い合う儀式。

小盃は「過去」・・・ふたりの出会いと運命に感謝する
中盃は「現在」・・・ふたりで末永く力を合わせることを誓う
大盃は「未来」・・・安泰と子孫繁栄を願う

*巫女舞*

出雲大社に古くから伝わるこの舞は太鼓と龍笛の音に合わせ、巫女が鈴を振り鳴らしながら舞う由緒正しい舞です。
式を見守ってくださる神様をお慰めし、和んでいただき二人の結婚を認めてもらうように舞います。

*鈴祓いの儀・・・舞い終えると新郎新婦と参列者に向けて鈴を振り、神様からの力を分け与えお清めします。

*親子親族固めの盃*
新郎新婦の結婚にともない親族となった両家を結ぶ固めの盃を交わします。

*フラワーシャワー*

本殿から出てくる新郎新婦をフラワーシャワーで祝福します。フラワーシャワーには、お二人の幸せを守るおまじないの意味が込められています。

~神前結婚式のいろは~

初穂料(はつほりょう)とは

昔から神様に捧げるものは農作物か榊とされていました。
初穂料は農作物が供物として奉納されていたものが由来となっています。
初穂とはその年最初に実った稲の穂や、その年最初に収穫した農作物をさし、それを神様に捧げたのが初穂料の始まりです。
現代では神社への謝礼として農作物ではなく、「御初穂料」として金銭を包むようになりました。

玉串とは

玉串は清められた榊の枝に紙垂(しで)をつけたもので、感謝や祈りの真心を込めて神前にお供えするもの。

玉串は神様が宿られるものと同時に、神様と願い主の心をつなぐツールにもなる。

和婚の衣裳とは

結婚式で花嫁が着用する衣裳は主に、
白無垢(しろむく)、色打掛(いろうちかけ)、引振袖(ひきふりそで)の三種類。

<白無垢>
白無垢は身にまとうすべてを白一色で揃えた最も格式高い和の正礼装です。
純粋無垢を表す白色は「嫁ぎ先の家風に染まります」という花嫁の思いのあらわれ。
もともと神に仕える時の衣裳が白であったことから、
結婚を神に報告する婚礼の儀式で用いられるようになったといわれています。

<色打掛>
白または金色などの色掛下に、鮮やかな色とりどりの打掛を羽織る装いのことです。
色打掛は室町時代以降の武家女性の礼装とされ、
江戸時代に入ると裕福な町人などにも普及しました。
白無垢と同等の正礼装となっております。
色打掛に織り込まれる文様は、二人の門出を祝うものや幸せを願う意味がこめられたものが刺繍されています。
古典的なものからモダンなものまで、お気に入りの一着を見つけてみてください♪

見学予約や資料請求は
▼こちらから▼

希望日必須
2020/08
2020/09
2020/10
2020/11
2020/12
2021/01
2021/02
2021/03
2021/04
2021/05
2021/06
2021/07
2021/08
2021/09
2021/10
2021/11
2021/12
2022/01
2022/02
2022/03
2022/04
2022/05
2022/06
2022/07
※当日・翌日のご予約の確認は、大変恐れ入りますがお電話でのご連絡をお願い致します。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須